当院のコロナウイルス感染予防対策について
患者様に安心してご来院いただくために、当院の取り組みをご紹介いたします。

当院では、安心して診察・検査を受けて頂くために、以下のような対策を行っています

1.受付-患者さんの濃厚接触防止

 
  • 受付のスタッフはフェイスシールド、N95マスクを着用しさらにアクリル板で受付スタッフから患者さんへの飛沫感染防止に最善を尽くしています。
  • 入口で手指のエタノール消毒ならびに赤外線非接触型体温計(マスク不着用の場合アラームが鳴ります)を用いて患者さんと受付スタッフの接触がないように努めています。
 

2.患者さん-患者さんの濃厚接触防止

 
  • 院内は解放し、大型空気洗浄機、加湿器で室内の空気清浄を徹底しております。
  • 入口で手指のエタノール消毒ならびに赤外線非接触型体温計(マスク不着用の場合アラームが鳴ります)を用いて患者さん同士の接触がないように努めています。
  • ソファー、受付・カウンター、各種スイッチ・ドアノブ・トイレなど、院内設備を定期的にアルコール消毒しています。
  • 世界で初めて、新型コロナ・インフルエンザウイルスの不活性化が認められたオゾン空気清浄機を院内に配置致しました。当院では現在最も感染対策に有効性が高いとされるオゾンを導入しており、有人環境で使用可能なオゾン発生空気清浄機を院内各所に配置し、無人の時間帯には高濃度オゾンによる付着菌の除菌を行ない徹底した感染対策を行っております。

 

3.医師-患者さんの濃厚接触防止

 
診察室:
大型空気洗浄機を使用し、医師はN95マスクを着用しさらにアクリル板で医師-患者間の飛沫感染の防止を徹底しています。
内視鏡:
オゾンを用いた空気洗浄機を使用し、医師、看護師はアイソレーションガウン、キャツプ、フェイスシールド、アイシールドを着用し飛沫感染 防止徹底しています。

 

ご来院いただく患者様にもご協力お願いいたします

 

風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。
風邪症状があれば、外出を控えていただき、やむを得ず外出される場合にはマスクを着用していただくようお願いします。


 


正しい手洗いの方法、マスクの付け方については下記のビデオもあわせてご参照ください。
(出典:政府インターネットテレビ)
・正しい手洗いの方法


・正しいマスクの付け方