Contents

 
 

内視鏡室

内視鏡室
胃や大腸の病気を発見するために欠かせない検査が内視鏡検査です。
最先端の機器と確かな技術で検査にあたっています。
また、天吊り式のモニタディスプレイを採用し、自由な体勢で無理のない検査が可能です。
検査後には、撮影した画像をご覧いただき、詳しくご説明致します。

内視鏡システム

内視鏡システム
上部内視鏡には、兵庫県下で最初に経口内視鏡画像に劣らない最新の『フジのレーザー経鼻内視鏡』を導入。これまでの経口内視鏡に劣らない画像を提供するため、楽にさらに正確に診断でき、経鼻内視鏡でも早期胃がん、早期食道がんの発見向上につながるものと考えております。

下部内視鏡は、最新の『オリンパス社製LUCERA ELITE内視鏡システム』を導入しています。画像解像度は格段にアップし、通常観察と拡大内視鏡を用いればさらに微小大腸がんの発見、診断、治療につながるものと考えております。

スムースな検査体制

ストレッチャー
電動リクライニングのストレッチャーに乗ったまま内視鏡室へ出入りし、
そのまま検査を受けることができますのでスムースに検査を受けていただけます。

リカバリールーム

完全個室
カーテンで他から見えない個室

完全個室とカーテンで他から見えない個室をそれぞれ2室ずつ用意しております。
完全個室にはトイレ、テレビがそれぞれ完備しており、大腸内視鏡前処置の患者様や長時間の点滴が必要な患者さまには、プライバシーを重視した個室を用意しております。
また、高齢で付き添いが必要な患者様には、カーテンで他から見えない個室でお連れ様と一緒にいていただけるよう配慮しております。

検査後の十分な説明

検査後の十分な説明
院長は、肝臓学会指導医の資格を持ち、検査値が意味するものを、検査説明書と検査データを一緒にわかりやすく説明をするように心がけております。
超音波検査、CT画像、インターフェロン治療等わかりやすく説明します。